教育

大学院有機材料システム研究科
ディプロマ・ポリシー

大学院有機材料システム研究科(工学系)博士前期課程

 前期課程では,所定の期間在籍し,当研究科の理念・目標に沿った教育課程を履修して所定の単位を修得,修士論文を提出して論文審査,最終試験に合格するとともに,以下を満たすものに学位を授与する。

  • 有機材料システム分野おける研究能力と高度な専門性に支えられた論理的な思考力および記述力を備えている。
  • 高いコミュニケーション能力を有し,情報をグローバルに発信できる。

大学院有機材料システム研究科(工学系)博士後期課程

 後期課程では,所定の期間在籍し,当研究科の理念・目標に沿った教育課程を履修して所定の単位を修得,博士論文を提出して論文審査,最終試験に合格するとともに,以下を満たすものに学位を授与する。

  • 有機材料システム分野における豊かな学識を有しており,研究者として自立できる能力を身に付けている。
  • 世界に通用する高度に専門的な研究・教育に従事するために必要な研究能力を有している。
  • 国際的視野に立って自ら研究リーダーとして技術・学術の発展を牽引し,社会に貢献できる素養を有している。