ニュース

工学部だより
2020年

工学部だより

(株)鈴木酒造店長井蔵様から消毒液を寄贈いただきました

2020/6/10

(株)鈴木酒造店長井蔵様(山形県長井市、代表取締役 鈴木大介)から、新型コロナウイルス対策用アルコール消毒液を工学部に寄贈いただきました。 6月10日に行われた贈呈セレモニーでは、鈴木代表取締役から消毒液を手渡された学生代表の恩田光琉さん(工学部学友会会長)が、「大切に使わせていただきます」と受領。「withコロナ」生活の長期化が見込まれる中で、工学部においても消毒液の需要は非常に高く、研究室活動やサークル活動のほか、後期授業に向けての準備など、学生たちが安全に学べる環境づくりには不可欠なものです。中島工学部長は、「地域の皆さまとの繋がりが非常にありがたく、ご支援には心から感謝申し上げます。」とお礼の言葉を述べました。

震災前まで福島県浪江町で酒蔵を営んでいた(株)鈴木酒造店では、長井市で(株)鈴木酒造店長井蔵を再出発させる際に、工学部の学生有志で企画・運営する「先輩・後輩のための新生活応援プロジェクト エコバザー(※)」を利用いただき、以来、いつか工学部とそこで学ぶ学生にお礼をしたいとのお気持ちを持ち続けてくださっていました。 今回、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、工学部でも消毒液が不足しているのではないかと、醸造用で仕入れたアルコールを消毒用アルコール液の濃度(75度)に調整し、120本(500ml入り)を寄贈くださったものです。

※ エコバザーは、新入生が2年次に米沢市に移行する際に、卒業生から譲り受けた家具や家電をバザーで提供するイベントで、学生有志が企画・運営を行っていたものです。(2017年度まで実施。現在は実施していません。)東日本大震災の際には、被災者の方を対象に無償提供を行いました。

工学部だより一覧へ